これからを楽しんで

平凡でないのもまたいいのかな。

そんな時でも私の味方〜こういう時にこそ分かるもの

学校をお休みすることは考えませんでした。

 

毎日毎日、いろいろ言われるし、あまりにも辛い時は保健室へ行き、保健室の先生にに「ちょっと横になってもいいですか?」と聞いて許可を得てベットで横になり、じーっと天井を眺めることもありました。

 

気が済んだら、また、教室に戻り新しいお友達と一緒にお話します。

 

アニメが好きなお友達は、いっぱい漫画本をもってて、大きい紙袋いっぱいの漫画本をかしてくれます。

 

そのお返しに、私は小説を貸してあげるのです。

 

こっそり手作りしたお菓子を学校に持ってきて私にくれたりしました。

 

本当は、学校に持ってきたらダメなのですがとても嬉しいので太るってわかってても食べちゃいます。

 

部活とそのスポーツと同じ習い事を一気にやめたスレンダーだった私は、1年間で10kgくらい太ってしまいました。

いわゆる、ぽっちゃりさんですね。

 

あ、そうそう。

同じ部活の男の子の頭がメチャメチャいいグループがいたのですが、その子達は私と仲良しだったのもあってかどうか、私を守ってくれてました。

 

その男の子達は、揃って、当時の中学校から進学する1番難しい高校に合格したのです。

やっぱ、凄いなあ。

いろんな意味でレベルが高いのです。

 

それを考えると、私は本当に恵まれてたかな。

 

家に帰り、当時飼っていたボクサー犬(メスです。)のところへ行くと静かに寄り添ってくれてました。

気持ちの通じ合う仲と言うんですかね。一緒にいてくれるだけで、心が安らぎます。

彼女は、沢山いた彼女の兄弟(サービスエリアで出会った大阪のブリーダーさん)から私が「この子がいい」と、ものすごく主張して飼った子です。

とても仲良しで毎日散歩に連れて行ったりして一緒に過ごす時間がたまらなく癒しになるのです。(大型犬でとても力強いので散歩は体力がいりますけどね。)

 

当時はどん底って思ってましたが、今思うとそんなに悲観することでもなかったのですね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

裏切りとは、容易く、しかも、連続で

修学旅行が終わって登校すると、やっぱり始まってました。

 

いじめが。

 

しかも、1番許せなかったのが、一緒にいてあげてた△△さんが「あっち側」にいたことなのです。

 

はあ〜?なんじゃそりゃ〜‼︎

 

そんな、ドラマみたいな展開アリなのかい?

 

誰か、脚本家がおるんか?

 

って、聞いてみたかったです。(まあ、話しもしたくないので聞きはしませんけどね。)

 

クラスのみんなは、そのゴリラが怖くて一緒の行動をとります。みんな賢いから女の子たちはゴリラの言うことをよく聞いて私と関わろうとしません。

保育園の時からずっと友達だった幼馴染もです。

これは、流石に悲しかったです。

自分に何度も問いかけました。

私が悪かったのかな?

でも、私は、みんなと同じようには出来ない。たぶん、何回でも話してあげてたと思うのです。

困ってる人がこっちにきてるのに無視なんて出来ないしね…と。

 

男の子は、調子に乗ってる子がゴリラと一緒になって、こちらに何か言ってます。本当に馬鹿なんだな、と思いました。

 

幼馴染にまで裏切られたのが、とてもキツかったのですが、誰でもいいので友達作ろうと、アニメオタクの女の子たちのところへ行って「私と友達になって。」と伝えました。

すると、その子たちは「え?いいよ。〇〇ちゃんと友達になれてうれしいよ。」と言ってくれたのです。

 

なんだか、とても安心しました。

 

 

その時両思いだった男の子がいたのですが(両思いって言葉が懐かしい)その子は、みんなの前ではみんなと同じように振舞って(一緒になって悪口を言います。)、ゴリラがいない時は、自分の頬を両手で包んでるような格好でこっちをジーッと見つめていたのです。(新しいお友達の中の一人が教えてくれて、見ると目が合いました。しかも!何回も!)

メチャメチャ気持ち悪かった記憶があります。

マジで、こっち見るな!って、思いました。

思わず「気持ち悪っ!!。」って、声に出してしまいました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

 

審査の為の書類を揃えて持参したけど・・・

市営住宅の審査の為の書類をたくさん揃えて市役所に申請しようと行ってきました。
ホントに・・・、3人分で、子供達それぞれがバイトもやってたり、私も、29年度分から源泉徴収票の写しやら、そこに退職の日付が乗ってなかったら退職した会社に連絡して源泉徴収票を再発行してもらわないといけないのと、退職証明書がいるのと・・・

か~な~り、面倒くさいです。

私みたいに、結婚している時、自営の仕事が暇な時期に働いていたところが同じところでも2ケ所ある人は、それぞれの源泉徴収票(そこでは2枚必要なのです)と退職証明書が必要だと言われ、帰宅して退職した会社に返信用封筒とお手紙を添えて郵送してもらえるように頼まないといけません。

平成30年でも、離婚する前とした後で職場が違い、後に入社したところでの年末調整で前社の源泉徴収票を提出してしまってるので(コピーを取っておけば良かったです。)、こちらの源泉徴収票は「再発行してもらってください。何だったら申請するのやめてもいいんですよ。」と。


私が「は~?それもか!。」って顔をしてたから、そういったのかもしれませんが。


子供達のは、退職してないのですが、平成30年末の源泉徴収票はいいけど、今年の初めからの給与証明ももらわないといけなくて、小さい所ならいいのですが本社が東京にある場合、本社に送ってこちらに送ってもらう作業があります。

面倒くさい・・・。

でも、仕方ないのでやります。というか、やってます。

「その後、お子さんの書類で、この書類が揃ってませんが」

とその女性は言いました。

その質問の少し前に同じ質問をしてたので、私が答えたばかりでした。

なので、「さっき、それは説明しましたよね。」

と言い、また説明しました。

末っ子が「人の話、全然聞いてないじゃん。」

とボソッと言ったのです。

は~。疲れるな~。

上から目線で物を言うのは、役所だからか?それとも、この女性の性格なのか?

なのに、人の話をぜんぜん聞いてないとは・・・。




「再発行してもらってください。何だったら申請するのやめてもいいんですよ。」と市役所の窓口の女の人が行った時は

怒り がこみあげてくる自分がいました。

堪えろ堪えろ~!!と、自分に言い聞かせましたが、たぶん、こちらの態度に出てたと思います。

その女性がコピーを取りに席を離れたところで

「マジで、今の何なんじゃ。」(その後、汚い言葉を使っちゃいました。)

と言ってると、男の人を連れてきて2人体制になりました。

そんなことするんなら、初めから馬鹿にするような態度を取らなきゃいいのに。

と思いました。

私が大金持ちで、市営住宅への申し込みに行かない人なら、そんな態度はとらないんでしょうね。

人を見た目で判断かな。

私が、例えば、怖そうな人だったとしても、そんな態度はとらなさそうです。


「また、全部揃えられたら持って来て下さい。でも、まだ、全部揃えられてなければ、期限が過ぎても審査が出来ませんけど。」

と言ったので

「この間、本社が遠くて書類が送られてこなければ、他の書類で審査しますので、退職した会社からの書類は、到着次第持って来て下さい。って言いましたよね。話が変わってませんか?。」(前回、そういう説明があったのです。)

と言いました。すると

「あ、でも、書類が揃わないと審査は出来ません。」

と言うばかりです。

まあ、すぐ行かなきゃ困るという訳ではないのですが、不愉快だったなと思っただけです。

頑張って書類を揃えることは、受け入れるとしても、こちらを馬鹿にしたような態度はやめてほしかったな~と思いました。



※その女性によると

源泉徴収票の「前社退職」のところに、会社名が入っているのが普通なのだそうなのです。

しかし、どちらも(2枚ありました。)退職日は記載されているのですが、会社名が「前社」になっているのがダメらしいのです。

それに対して(源泉徴収票の「前社」のところに会社の名前がないことを執拗にぶつぶつ言っていたので)

「平成29年と平成30年の源泉徴収票は、それぞれ県が違いますけど、どちらも「前社」と書いてあるじゃないですか?だったら、会社名が書いてあるのが普通なんじゃなくて、最近はこういう書き方になってるんじゃないですか?」

と質問し返すと、「はあ?」という顔になって、とても不機嫌になったので、それもまた、感に触ったのではないかな?と思いました。